日本でシアリスやバイアグラ、レビトラといったED治療薬を購入しようと思った場合、病院やクリニックに受診し、医師の処方のもとにED治療薬を購入する方法と、個人輸入代行業者が運営する医薬品の通販サイトにて個人輸入という方法で、 ED治療薬を購入する方法があります。

個人輸入代行業者が運営する医薬品の通販サイトを検索すると様々な業者が存在し、そこで扱っている医薬品の価格も様々です。

例えば、シアリスのジェネリック医薬品のタダシップをネット通販で購入しようと思った場合、個人輸入代行業者が運営する医薬品の通販サイトでタダシップと検索し、値段を比較してみても、サイトごとに金額はバラバラで、倍近く値段が違うケースもあります。

普通に病院やクリニックに行った場合、金額が倍くらい違うということはありえないと思いますが、個人輸入代行業者が運営する医薬品の通販サイトの場合、金額はバラバラなので、あまりにも安すぎて偽物なのでは?と疑ってしまいますが、
実際に日本の製薬会社が独自に調査した結果によると、実際に個人輸入代行業者が運営する、医薬品の通販サイトからネット通販でED治療薬の医薬品を購入した結果、届いたED治療薬の6割が偽物のED治療薬だったという調査結果も出ているのです。

とはいえ、逆を言えば4割は正規のED治療薬が安く売られているという事実もありますので、日本でED治療薬を購入しようと思った場合には、病院やクリニックで購入するか、個人輸入代行業者が運営する医薬品の通販サイトで、個人輸入で購入するしかありません。

しかし、EDで悩む人にとって、家族にはEDだということやED治療薬を購入することを、知られたくないと思いますが、そんなことは可能なのでしょうか?

病院やクリニックでED治療薬を購入する場合、医師の診断が必要なのですが、実はED治療薬は自由診療で保険適用にならないので、自宅に届く保険組合に受診の履歴や処方歴が報告されることがありません。

保険組合に受診の履歴や処方歴が報告されないということは、当然会社にも知られません。

では個人輸入代行業者が運営する医薬品の通販サイトで購入するケースではどうかというと、ネットで購入する部分はネットの購入履歴や、ネットの閲覧履歴を見られなければ大丈夫ですが、それ以外では自宅に届くとバレという心配があります。

しかし、個人輸入代行業者が運営する医薬品の通販サイトでは、届け先を郵便局留めに出来るので、家族にバレることなく購入可能です。

抱き合う男女の後ろ姿